コンセプト

資料請求はこちら

お問い合わせ

エズ・ファミリアの家の
見学も可能!お問い合わせは
お気軽にどうぞ♪

エズファミリアとつくる家

代表挨拶・スタッフ紹介

リフォーム&リノベーション

株式会社 エズ・ファミリア

エズ・ファミリア
スタディハウス 建築設計事務所

一宮市森本2丁目3-10
Tel.0586-26-2900

HOME >コンセプト

エズ・ファミリアでは、お客様のご要望、夢、希望やライフスタイルをお聞かせ頂き、一級建築士が忠実に具現化いたします。

人それぞれライフスタイルは違うと思います。趣味も様々でしょう。
よって、建物の外観や内装のイメージやご希望も人それぞれ違うものになってくるはず。
エズ・ファミリアは、すべてを考慮し、そのご家族に合った家のプランをご提案致します。
例えば道路がどちら側にあるか・・・
例えば、隣の家の窓はどこにあるのか・・・

間取りは敷地の状況や周辺環境により大きく変わってきます。
「自分たちの想いを反映してもらったのにどうしてこんなにも住みづらいのだろう」と、

後から後悔しないように、エズ・ファミリアでは敷地の形や道路の位置、周辺環境など、数多くの問題を考慮した上で、お客様のご要望を取り入れて設計していきます。
誰しも家を建てるならこだわりを持つべきです。
こだわりがなければ、いい家はできません。

私達は、要望やこだわりをしっかりとお聞きして家づくりに反映致します。そのため打合せは何度でも、喜んで致します。

どんなことでもお聞かせください。
ご納得していただいた上で、次のステップに進んで頂きます。
一緒に家づくりを楽しんでいきましょう。
楽しみながら家づくりを行えば、きっといい家ができるはずです。

日本の昔ながらの家は、暑い夏も寒い冬も空調設備になるべく頼らずとも快適に過ごせるように設計されておりました。

しかし、現代の住宅はあまりそういったことを考えずにとにかく断熱性を高めただけの、「何の工夫もしていない家」が多いように感じます。
もちろん、エズ・ファミリアの家も断熱のことを考えてプランニングしますが

・光の入り方を考慮し、夏は直接の日光を避け、冬は極力日光を取入れるような設計にする
・東西の窓はできるだけ少なくして南北へ空気を流れるように窓を配置することにより家の中の換気をよくする


など、古き良き時代の家づくりから学べることを生かし、現代の最先端の技術・商品を駆使して、より快適な住空間をご提供いたします。
地震大国日本、そしていつ地震が起こるかわからないといわれている東海地区に住む以上、構造の耐震化は何よりも気を付けていかなければなりません。

お客様の大切なご家族を守る為に私達ができること、それはやはり、「地震に耐えうる建築物を造ること」だと考えています。

・土地の地盤からしっかりと補強する
・頑丈な構造体で家づくりを行う


人の命を守ってくれるものは、家です。家が壊れなければ、命が助かる可能性は高くなります。建築士として忘れていけないことは、人の命を守る建築物を考えることだと思います。

設計の段階で、しっかりとした耐震の家づくりを計画することが最も大切だと考えます。
憧れのマイホームが完成した時はやっぱり嬉しい。
けれど、私たちは「家の完成」がゴールだとは考えておりません。
家が完成して、そこでの暮らしが始まった時からが本当の始まりだと考えています。
だからこそ

・便利な位置に収納がある
・後片付けがしやすい
・使いたい位置にコンセントがある
・メンテナンスがしやすい
・空調設備に頼りすぎない


そんな快適な生活ができるように、機能性を重視した設計・プランをご提案いたします。

設計時には、一級建築士がデザインから耐震性や快適性、間取り等を総合的に考え、ご提案いたします。
ただし、いい設計・プランができたからと言って、いい家ができるとは限りません。いい職人がいてこそ、最高の家ができるのです。

エズ・ファミリアでは自慢の腕を持つ熟練職人たちが丁寧に施工いたします。

エズ・ファミリアの職人や現場に携わる業者さんは皆、

「すべてはお客さんのために」
「いい家に末永く暮らしてほしい」
「この家は俺がつくった自慢できる家だ」

と考え、皆が皆一つの目的に向かって一体となり、心を込めて建物を造っていきます。
こうして出来る家は必ず、お客様に「感動」をもたらせます。
エズ・ファミリアは、お客様にご納得頂けるまで何度でも打ち合わせを繰り返します。

「資金」「予算」から始まり、「プラン」「設計」、そして工事が始まってからも、常に打ち合わせを繰り返します。

家は一生に一度の大きな買い物です。

お客様のこだわり、お客様のご予算、あらゆる面でお客様のご要望に実現できるように、全ての事項において「ご納得いただいてから」をテーマに、1歩1歩進んでまいります。

 




smile house


PAGE TOP